0003. SCULP TANK

「Functional sculpture.」

靴は衣服の中で唯一、身に付けずともその造形が保たれ、デザインが完成した形で自立する彫刻的な性質を有します。生活を支える道具であると同時に、見たその瞬間から人にインスピレーションをもたらし、創造性を刺激する力が靴にはあるのです。

靴そのものから意思を感じるような、力強い造形の製品。
静かにその存在感を放ちながら、身につける人の魅力をさらに引き出す。
同時に、道具として生活の中でエネルギッシュに機能する。
それが今回我々が目指したコンセプトです。

 異なる表情を持つ素材の重なり。1つずつ丁寧に削られ、独特な形状に加工されたソールの質量感。そのボリュームからは考えられない軽量性。

廃棄された自動車の金属部品やスポンジなどの生活用品の廃材を用いて、そのユニークな形状と質量で新しいアート表現を実現した彫刻家・ジョン・チェンバレン氏の作品にもインスパイアされ、まるで彫刻作品のような佇まいを表現しています。 

0003. SCULP TANK