0001. The curve 1

THE CURVE 1

Inspired by "Queen of THE CURVE"

TOKYO 2020を巡って話題になった、一人の女性建築家がいます。
その名は、Zaha Hadid。
当時、盛んに報道された彼女の名前に、聞き覚えがある人は多いのではないでしょうか。

“記憶の底に刻み込まれたデジャブのような感覚と、まったく未知なる感覚が入り交じったような体験“

先進的で、現実的ではない大胆さ。その一方で、どこか落ち着きを感じる懐かしさ。相反する感覚が共存する。
Zaha Hadidの哲学、大胆な曲線を多用する作風。デザイナーの串野真也とともに、一足のスニーカーに落とし込みました。

Zaha Hadidの魂を感じ、心が震える。
力強い一足が誕生しました。

Zaha Hadid

建築家

ザハ・ハディド

1950年10月31日生まれ。

イラク・バグダッド出身、イギリスを拠点に活躍した建築家。現代建築における脱構築主義を代表する建築家の一人で、コンテストに優勝しても、デザインが奇抜すぎて建築されなかったことも多いことから、「アンビルト(建たず)の女王」の異名を持っていた。
近年では、建築技術の進歩により建築可能物件が増えてきている。
3次元CADを用いコンピューテーショナルデザインの手法を駆使し、従来にない曲線的なデザインを実現してきた。

梅溪湖国際文化芸術センター

中国・長沙

北京大興国際空港

中国・北京

イタリア国立21世紀美術館

イタリア・ローマ

銀河SOHO

中国・北京

新国立競技場案

日本・東京

高い防汚性

Protecting beauty from Stains.

THE CURVE 1には、繊維の1本1本の深部まで薬品を浸透させる特殊浸透加工が施されています。

その加工により高い撥水効果を発揮し、一般的には汚れやすい白スニーカーにもかかわらず、美しさが続きます。雨の日の泥はねや絵具などの油汚れからスニーカーを保護します。

防汚技術について読む

転がるような推進力

Roll your feet.

THE CURVE 1はVibram社のRollingait system®︎を搭載しています。

高いクッション性と推進力を実現。長時間歩き続けるクリエイターの足元をしっかりサポートし、疲労を軽減します。

ソールについて読む

THE CURVE 1