女性建築家・ザハ・ハディドが描いた、日本の未来像

ザハ・ハディド氏は1950年にイラクで生まれ、イギリスを拠点に活躍した建築家。有機的曲線や流体ラインが特徴的な作品を数多く世に送り出し、多くの人々に惜しまれながら、65歳でこの世を去りました。

 

Photo credit https://www.fashion-headline.com/ Fashion Headline Ltd.


「未完の建築家」に向けられた試練と逆風

1980年に建築家として独立をした彼女でしたが、1983年の香港のコンペで優勝するも、結局建築が実現されなかったことをきっかけに「アンビルトの女王」と呼ばれるようになりました。それ以降も、次々とコンペで注目されてきたザハだったが、向こう10年、コストや技術の関係でそのデザイン案が実際に建造されることはなかったといいます。建築業界が男性中心の社会であったこともあり、強い風当たりを受けることとなりました。



ZAHA HADIDの建築作品 東大門デザインプラザ(Dongdaemun Design Plaza)



逆風を跳ねのけた大胆な曲線美と強い信念

彼女は独自のビジョンで建築そのものを変貌させました。
流れるように美しく、そして複雑な彼女のデザインは、世界各地でデザイン案件を受託し、2004年にプリツカー賞、2016年には王立英国建築家協会のゴールドメダルを受賞し、保守派たちによる批判を乗り越えました。
「建築は人々の生活を必ず良いものにする」という信念を彼女は捨てなかったのです。
 

ZAHA HADIDの建築作品



TOKYO2020で日本人を驚嘆させた世界から映し出す、日本の未来像

2020年の東京オリンピックのスタジアムデザインに関する報道で彼女の名前を耳にした人々も少なくはないでしょう。東京・外苑の美しい歴史や空気と調和するようにデザインされたその近未来的なデザインは人々の心に大きな感動を与えたはずです。

紆余曲折あり、実際の形になることはありませんでしたが、その強い衝撃と感動はそう簡単に忘れられるものではないでしょう。

ZAHA HADIDの建築作品 新国立競技場デザイン案

 

 

<Profile> 

ザハ・ハディド

1950年10月31日生まれ。

イラク・バグダッド出身、イギリスを拠点に活躍した建築家。

現代建築における脱構築主義を代表する建築家の一人で、コンテストに優勝しても、デザインが奇抜すぎて建築されなかったことも多いことから、「アンビルト(建たず)の女王」の異名を持っていた。
近年では、建築技術の進歩により建築可能物件が増えてきている。
3次元CADを用いコンピューテーショナルデザインの手法を駆使し、従来にない曲線的なデザインを実現してきた。



 

東大門デザインプラザ 

韓国 東大門 

東大門運動場の跡地に建設されたのが、東大門デザインプラザという巨大な施設です。当初の建設費は900億ウォン(約87億円)だったが、最終的には4840億ウォン(約468億円)に膨れ上がり、さらに完成までの期間が延びるなど紆余曲折を経て2014年に完成しました。
ザハの手掛けた宇宙船のようであり、巨大な生き物のようなその建物は、デザインを発信する場所にはふさわしい姿として市民や観光客から愛されています。施設内の不規則に続く不思議でアンリアルな空間に、外壁のアルミパネルを活用した夜の幻想的で近未来的な雰囲気は見る者を圧倒する雰囲気です。

 

ZAHA HADIDの建築作品 東大門デザインプラザ(Dongdaemun Design Plaza)




ジェネラーリタワー

イタリア ミラノ

別名「Storto(ねじれ)」としても知られる流線型が美しい超高層タワー。その高さは約177メートルの44階建て。
地上では同エリアに街の主要な3つの軸となる建物が集まり、170mのGenerali Tower は周囲の公共広場や公園と接続。基壇の曲線的な形状は、3つの軸がねじれた交差から生み出される求⼼⼒を表現しています。


 

ZAHA HADIDの建築作品 ジェネラリータワー



 

KYBRIDGE HQ 天会

中国 上海 

複数の流線型の建築が組み合わさった中国のオフィス・商業施設。上海虹橋空港近くの郊外の工業・金融地帯のようなエリアにそびえ立つその建築はいかにも彼女らしい近未来的なデザインが特徴的です。
大きなビルをつなぐ歪んだ柱を中心に、複数の小さな建物が密集しており、照明の省エネルギー化や空気の浄化などのシステムが多数搭載された環境に配慮した建築物としても有名です。

  

ZAHA HADIDの建築作品 KYBRIDGE HQ 天会


 

アントワープ ポートハウス

ベルギー アントワープ 

アントワープ港湾局は、遺棄されていたハンザ同盟時代の旧消防署を再利用および拡張し、500名のスタッフを収容する新しい本社ビルを建築した。そのデザインを担当したのもザハ・ハディドなのです。
上部に増築された部分には、取引量世界1位としても知られるアントワープの象徴、ダイアモンドをモチーフとしたようなガラス張りの建築を融合しています。
ポートハウスの広場はこの建築にちなみ、「ザハ・ハディド広場」と名付けられています。

 

ZAHA HADIDの建築作品 アントワープ ポートハウス

 

 

ZAHA HADIDの建築作品 東大門デザインプラザ(Dongdaemun Design Plaza)